{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
電話注文 054-388-2220 (平日 9:00〜17:00)



この生桜えびは最高級品です。この透明さが新鮮の証。



桜えび漁は、夕方~夜間に行われます。




美味しさは鮮度が命。作業は、すばやく丁寧に漁船からおろし、競り場に並べます。




決められた青い帽子をかぶった組合員は、朝6時に競りを行います。
競りで落札した桜えびは、すばやく自社工場に運びます。



工場に運ばれた桜えびは、新鮮なうちに、ヒゲ処理、選別を行います。
小さな生桜えびは非常に折れやすいため、あまり手を加えないものの、
丁寧に扱うことが重要です。パック詰めし、急速冷凍します。

 

乾燥桜えび製造

 

まるげんの干し作業場は、日本一高い富士山が一望できる富士川の河口、河川敷にあります。


ベテランの社員がすべて手作業で、早朝に天日干しします。


シーズンになると干場はピンク色の絨毯(じゅうたん)と呼ばれるほど絶景です。


6時間ほど乾燥したものを、手作業で取り込みます。


乾燥桜えび、できあがり!



よくある質問

かき揚げで食べるには、どの桜えび?
どの桜えびでも作ることは可能です。
(おすすめ1)生桜えび・・・なんと言っても美味しいです。ただし、水分が多いので、揚げる時にパチパチ油がはねます。
(おすすめ2)釜ゆで桜えび・・・初めて作る方にオススメです。
(おすすめ3)乾燥桜えび・・・長期保存ができますので、思い立ったらかき揚げが作れます。生でなくても、釜ゆででなくても十分に美味しいです!
※桜えび各種に「桜えびレシピ」をお付けいたします。
桜えびは、いつでも獲れるの?
桜えびは資源保護のため、漁期が制限されています。
春(3月下旬~6月上旬)、秋(10月下旬~12月下旬)
当店では1年中お買い求めいただけるよう、冷凍(冷蔵)保管しております。
ただし、品切れとなる場合もございます。
桜えび天日干し作業風景
弊社にて撮影しました動画です。ご覧ください。
桜えび漁の始まり
1894年、(静岡市清水区)由比の漁師がアジの夜曳網をしていたところ
網が誤って海中深くに沈んでしまった。
あわてて引き上げたところ、きれいな小エビがたくさん入っていた。
月の無い夜で深海にいた桜えびが海面近くまで
わきあがってきたのを発見したのが発端と言われている。(諸説あり)

産卵期は夏。(この期間は禁漁)
漁→富士川から大井川河口の沖合いで行われ、春と秋に期間が決まっている。
河川敷の広さは、45000坪

駿河湾は急深

1894年(明治27年)に始まり→2014年で120周年
乾燥桜えびの栄養について
鉄分、亜鉛などのミネラルに加えて『キチン』も含まれています。

桜えびに含まれる『キチン』は動物性の食物繊維。
コレステロール値を下げ、血圧の上昇を防ぐ作用がある上に
免疫機能の活性化にも役立っています。
またガンの転移や増殖を妨害する性質があることもわかってきました。

エビやカニの仲間でも殻ごと食べる桜えびには、
この『キチン』がたっぷり。

食物繊維ですから、便秘解消にもなり、美容と健康のために
素晴らしい食べ物と言えるのでは・・・(以上2002年4月14日静岡新聞@sより)

桜えびのヒゲに発がんを抑える成分(2002年4月27日静岡新聞より)
当店の『桜えび』商品一覧
こちらクリック